10 月<< 2016年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場所 亀有藍ホール
   葛飾区亀有3-21-11
   藍ビル3F
   03-3601-5505

1月アネックスサロン新春コンサート
「カリス弦楽四重奏演奏会」
 日時 2017年1月18日(水)
    14時開演(30分前開場)

2月アネックスサロン朗読会
「青木裕子朗読の世界 Vol.6」
 朗読作品 目屋の桜
 ゲスト 山田 誠浩
 日時 2017年2月18日(土)
    14時開演(30分前開場)

3月アネックスサロン
 「古今亭文菊落語独演会」
 日時 2017年3月15日(水)
              14時開演(30分前開場)

4月アネックスサロン
 「ヴァイオリンデュオとチェンバロのコンサート」
 出演 ヴァイオリン 神野優子、宮林陽子 チェンバロ 小澤章代   
 日時 2017年4月19日(水)
    14時開演(30分前開場)

 

スポンサーサイト
日時 2016年12月11日(日曜日)開演14時(開場13時30分)
会場 かめあり藍ホール(☎03-3601‐5505)
         葛飾区亀有3-21-11藍ビル3階
参加費 一人2,000円 介助者とのペアチケット3,000円(要予約)
出 演  長谷川勝彦
朗読 夏目漱石著「吾輩は猫である」 と 漱石よもやま話

出演者 経歴
1941年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。元NHKアナウンサー。
東京アナウンス室以外では徳島、京都、鳥取、山口、長崎の各局で勤務。
定年後もフリーとして活躍。NHKスペシャルをはじめとしてドキュメンタリー番組のナレーションで2009年放送文化基金賞を受賞。
NHK文化センターの4つの朗読教室を担当。【朗読集団 表現工房】主宰。現在、BS朝日で毎週日曜日夜8時54分~の『暦を歩く』で〈読み〉を担当。著書に『メディアの日本語』と今年出された『ワークブック 朗読の根源的考察と実践的考察』がある。


主催・問い合わせ・申し込み先《座・スーパーマーケット》
☎ 03-3603-0338(月~金10:00~18:00)
E‐mail za-market@mbm.ocn.ne.jp
(定員になり次第締め切らせていただきますことをご了承ください)
201611-20.png
 11月13日 京ことば源氏ものがたり 行幸の巻が終了しました。当日提供しましたお菓子について倉敷市松濤園の亀山さんよりコメントをいただいておりますのでご紹介します。
 此度の菓子。物語では近江の君を笑い種にする内大臣らを作者が窘めています。しかしながら、毎回源氏物語に思い患う菓子司は「ものむつかしきをりは近江の君を見るこそよろず紛るれ」(むしゃくしゃするときは近江の君を見るとすっかり気が紛れる)、少し内大臣の尻馬に乗って、対称的な二人を菓子にしてみました。玉鬘は中宮から贈られた品々に添えられた香壺。近江の君は水汲みの盥。と、遊んでみたものの、やはり癒された菓子司ではありませんでした。いっそ「大御大壺とりにも・・・」
たぐふべき人・・・合格する人
さがな者・・・たちの悪いもの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。